タブレットは触らなくては買えないと言われていた商品ですが、OSが安定したこと、各タブレットメーカーが一定レベルで液晶を改善していることから、触らなくても購入できるようになったと言われています。

そもそも試してから購入する意味は2つの理由があります。

1つはタッチの反応、2つ目は各種操作の感覚です。



タッチの反応についてはタブレットの多くが機敏に動くようになっています。

特にゲームなどの激しい操作にも対応する即応性が高まっていることから、どのメーカーのタブレットでも十分であると言われています。



通販で購入する際にはゲーム用として販売されているタブレットが無いことも注目点です。多くの機種がゲームのような激しい操作が必要でも対応できるからこそ、ゲーム対応をわざわざ記載しなくなっているのです。


各種操作については通販の際もっとも気になる点とも言えます。

マイナビニュースの有益な情報をお届けします。

アプリの立ち上がり、ウインドーの動作など普段使うからこそ遅くては意味がありません。


通販では試せない部分ですが、多くの機種はほぼ問題のない動作をしてくれます。

しかも、安い機種であってもです。
機種によって価格が違うのは主に液晶自身であり、操作は実はそれほどの差がないとも言われてます。

多くの機種が十分な速度のCPUを積んでいること、メモリも2GB程度積むことが多くなっていることから動作において価格差以上の差はないとも言われます。

価格の差が生まれるのは操作以外の外装であったり、パッケージ、インストールされているアプリであることが多いです。