タブレットが注目されて数年立ちますが、多くのメーカーが次々と新商品を販売しているので特価品も多数登場するようになりました。

そのため、使えればいいということで特価モデルを買う方も増えていますが、利用目的に合わないなど問題も多く出ているようです。

特価品のタブレットを選ぶ際には3つのポイントがあります。

1つは価格、2つは液晶、3つ目は機能です。

エキサイトニュースに関する情報をご覧ください。

価格面では販売して1年も経てば半額以下になるのが多いです。

ただし、もともと少量生産することも多く、特価になる前に売り切れるケースも多いようです。



そのため、安いかどうかは半額を切るかどうかで判断してもよいようです。


中には定価の2割り程度で販売されるケースも多いですが、タブレットは進化が早いのでできれば1年以内のモデルを購入することをおすすめします。



液晶についてはフルHD対応化で決まります。


多くの場合フルHDにはなっていないケースが多いのですが、表示領域の違い以外に発色などもフルHD対応の方がよいことが多いので動画を見るなら特にフルHD対応型を選びたいところです。

機能面では価格相当と考えていいです。


新製品でも安い機種が多くなっており、1年前の機種と同性能で半額以下とい場合も多くなっています。
単に安いからと言って選ぶのではなく、機能面で価格相応かをよく検討しておくほうが良いです。
価格が一緒の場合は新製品を選びたいところですが、場合によってはコストダウンのために機能削減していることもあるので要注意です。